白髪 | 30代に発生する原因は?

スポンサーリンク

白髪の原因

年を取ると白髪が目立つようになりますが、
まさか30代で自分の髪の毛の中に
白髪があるとショックを受けますよね。

出来れば白髪が出来ないようにしたいものです。

バルジ領域

白髪が出来る原因として、
毛根のある「バルジ領域」がポイントです。

細胞を作り出す働きの幹細胞の一種が
「バルジ領域」と呼ばれていて、
そこから髪の毛を成長させる「毛包幹細胞」と
色素幹細胞」が「毛球部」に移動します。

「毛包幹細胞」は分化して、無色の髪を作る
毛母細胞となります。

色素幹細胞

一方、「色素幹細胞」はメラニン色素を生成し、
それを毛母細胞に渡すことで、
黒い髪の毛となるわけです。

ところが、いろんな要因が絡み、
幹細胞」や「毛包幹細胞」、「色素幹細胞
機能が低下することがあり、
それで白髪が発生することになります。

白髪対策

さて、白髪予防として、有効な対策としては
次のとおりです。

アミノ酸、ビタミン、ミネラルを積極的に摂る

特にアミノ酸は積極的に摂取したい栄養素で、
肉や魚、大豆などのタンパク質が
豊富な食品に含まれます。

ビタミンやミネラルは髪の毛や色素を作るときに
補助的な働きがあり、
ビタミンA・C・Eは、白髪の原因ともなる
「活性酸素」を除いてくれます。

1日6~8時間の睡眠時間を確保する

睡眠中に成長ホルモンが分泌されるため、
睡眠不足にならないように配慮しなければなりません。

頭皮マッサージを行い、頭皮の血行を促進する

毛穴の血行がよくないと、
色素胞胞に栄養が届きにくくなります。

そこで頭皮マッサージを行うのがオススメですが、
シャンプーする際に頭皮を指の腹で優しく揉む
マッサージしてあげるだけでOKです。

タバコやストレスなどを避ける

タバコの吸い過ぎやストレスを溜め込むと、
活性酸素を生み出す要因になります。

活性酸素は、他の物質を酸化させる作用があり、
作用が強い状況だと、酸化する必要のない細胞まで
酸化してしまうことがあります。

そのために白髪が増える可能性が高まります。

まとめ

髪の毛を作ることだけでも、
頭皮内で複雑な作用が働きます。

老化は避けては通れませんが、
少なくとも白髪予防対策をしておくことで、
白髪の発生を抑えることは可能です。

普段から食生活や睡眠などに
気をつけておきたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする