正露丸は下痢にも本当に効果があるの?

ラッパのマークでお馴染みの「正露丸」ですが、
「黒い玉の正露丸って、一体なんなの?」
「正露丸って、なぜ下痢に効くの?」
って思われたことはないでしょうか?

正露丸は古くから販売されていて、
実は商標権の問題から大幸薬品だけではなく、
和泉薬品工業、富士薬品、大阪医薬品工業、
常盤薬品、キョクトウなどでも
製造・販売されています。

スポンサーリンク

正露丸が下痢に有効な理由

主成分は「クレオソート」というブナや松の木から
採取された木タールを蒸留精製されたものを
使用しており、日本薬局方に指定されています。

正露丸が下痢に有効な理由としては、
主成分の「クレオソート」が腸内の細菌の増殖を抑え、
また腸内の水分分泌を抑制するからです。

腸内になる菌を消毒するほど十分な量を
配合している訳ではないので、
勘違いしないようにしましょう。

正露丸を服用してはいけないケース

もちろん正露丸は医薬品なので、
副作用のリスクはあります。

正露丸を服用してはいけないのは、次の方です。
・正露丸を服用してアレルギーを
 起こしたことがある方
・5歳未満の乳幼児(のどに詰まる恐れから)
・他に下痢止めを飲んでいる方

それから、以下の方はO157など感染症にかかっている
恐れがあるため、同じく正露丸を服用すべきでは
ありません。

・発熱を伴う下痢がある方
・血便のある方
・粘液便が続く方

下痢がひどい場合、脱水症状が懸念されます。

オススメは経口補水液で、適量の電解質が
含まれています。

規定量を少しずつ、様子を見ながら飲ませていくと
よいでしょう。

足らないようであれば白湯かお茶がいいですが、
医師の診断を受けておきたいものです。

その他下痢に有効な薬

正露丸より効き目が強い薬で、市販薬のものが
あります。

ロペラミド塩酸塩という製品で市販薬名
タイヨー」で販売されていますが、
ジェネリック品のため安く買えます。

正露丸と同じく腸の蠕動運動を抑え、
水分吸収を向上させてくれます。

まとめ

古くから販売されている正露丸は、
実は殺菌作用によって下痢を止めてくれるのではなく、
静菌効果といって、細菌の増殖、水分の分泌を
抑制してくれる効果があります。

ただ、他に下痢止めを飲まれている方、
発熱性の下痢、血便、粘液便のある方は
使用出来ませんので注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする