睡眠時間 | 20代ならどれくらいが理想?

日本人は普段から仕事が忙しいせいか、海外の方に比べて睡眠時間は短めであると言われています。

20代になると社会で働き始める方が多いと思いますが、最初は仕事に慣れないために残業をせざるを得ず、睡眠時間を削っている方も多いでしょう。

スポンサーリンク

20代の平均睡眠時間

平日眠れない分、休日の朝はゆっくり起きる方も多いでしょうが、20代の方の平均睡眠時間はどれくらいでしょうか?

調査によれば、20~24歳では平均7時間56分、25~29歳は平均7時間43分とのデータがあります。

高齢になるほど睡眠時間は短くなっていく傾向もあって、ますます睡眠不足が強まっていきます。

理想的な睡眠時間

では、20代にとって理想的な睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

理想は、

7~8時間眠るのが望ましい

と言われています。

もちろん人によっては短時間睡眠でも大丈夫の方もいるでしょうし、反対に10時間は寝ないと・・・という方もおられると思います。

睡眠不足の悪影響

20代は体力もあるので、睡眠時間が短くても大丈夫でしょうが、睡眠不足が長期になると、様々な悪影響が出てきます。

例えば、サラリーマンの方の中でデスクワークが多い方だと、1日中パソコンで作業されるかと思います。

朝から晩まで脳を酷使しているときに、睡眠不足が続くと「脳疲労」にかかりやすく、疲労が回復しないままだと、集中力や判断力の低下、意欲の低下、無気力といった症状が出ることがあります。

睡眠不足のまま50代の更年期を迎えると、睡眠不足による心身の不調に加え、更年期障害も重なると症状が重篤化する可能性が 高まります。

飲み方などで帰宅が遅くなっても、最低3時間は睡眠を取る様にしましょう。

睡眠不足を予防するために

睡眠時間が長ければよいというわけではありません。仮に睡眠時間が短くなっても、睡眠の質が深ければ十分の場合もあるからです。

下記工夫で睡眠の質を向上することも、頭に入れておきたいものです。

就寝2時間前には食事を済ませておく

就寝前に食事をしてしますと、就寝中に消化活動をせざるを得ず、睡眠が妨げられます。2時間前には食事を済ませましょう。

入浴は寝る1時間前に

就寝直前に入浴すると、交感神経が活発になって睡眠を妨げますので、就寝1時間前には 入浴を済ませておきましょう。

寝る前にスマホやパソコンは触らない

スマホから出る光によって、脳が刺激を受けて睡眠の質を下げてしまいます。就寝前にスマホやパソコンを触らないように しましょう。

昼休みに30分ほど昼寝

睡眠時間を削ってもメリットはありません。仕事等でどうしても夜に睡眠時間を確保するのが難しい方は、30分以内の昼寝がオススメです。

まとめ

20代は仕事を覚え始める時期でもありますが、プライベートも忙しく、ついつい睡眠不足になりがちです。出来れば毎日8時間程度は確保したいものですが、なかなか難しいかと思います。

そういう場合は、睡眠の質を上げるのがよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする