便秘解消に即効? 食べ物ならバナナはどう?

便秘になると、腸内で便が滞留するせいか吹出物など
お肌にトラブルが 起きたり、いろんな病気の原因に
なったりします。

なるべく早く便秘を解消する食べ物をご紹介します。

スポンサーリンク

便秘解消に即効性のある食べ物

便秘解消には、
・乳酸菌
・食物繊維
・オリゴ糖
・水分
を含む食品を多く摂るとよいと言われます。

確かにそのとおりですが、
こういった情報は目新たらしいものではなく、
既にみなさんもご存知で実践されているのでは
ないでしょうか?

それでも効果がないとすれば、
どこか間違っている点があります。
その点もふまえて解説します。

乳酸菌

自然由来の乳酸菌には、
ヨーグルトなど乳製品に含まれる動物性乳酸菌
みそなどの植物性乳酸菌があります。

動物性乳酸菌は胃酸によって死滅し、
腸まで届くことはないと言われています。

また、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を食べると
下痢になってしまう方も いるように、
日本人には、乳糖を分解する酵素を持つ人が
少ないため、 腸内環境改善を期待するのは
難しいと思われます。

そこで日本人の方には、噌や醤油、みりん、
麹などの調味料が使われた 食品、納豆を
多く摂ることをオススメします。

ちなみに、ヒトの腸にいる菌を培養した
乳酸菌もあります。

胃酸に強いために生きたまま腸まで届くのが
メリットで、 病院からビオフェルミンを
処方された方も多いでしょうが、
それがヒト由来の乳酸菌です。

自分にいる菌とマッチしないこともあるので、
2週間摂取しても効果が感じられないようであれば、
違う乳酸菌で 試した方がよいです。

尚、どの乳酸菌であっても、
飲んですぐには効果が表れません。
一定期間継続して摂るようにしましょう。

食物繊維

食物繊維にも種類があり、
不溶性食物繊維水溶性食物繊維に分けられます。

不溶性食物繊維は、胃や腸で水分を吸収するため、
便のかさを増すことで腸に刺激を与えたり、
腸内の老廃物を吸収して便と一緒に排出したりする
働きがあります。

食物繊維を多く摂らなければと考えて生野菜ばかり
食べても、便秘の解消につながらないことがありますが、
それは不溶性食物繊維を多く含む野菜ばかり摂っている
可能性があります。

そこで、果物、海藻類、こんにゃくなど水溶性食物繊維も
摂ることをオススメします。

水溶性食物繊維は、便を柔らかくするので便通の改善に
効果があるからです。

オリゴ糖

オリゴ糖は腸内にいる乳酸菌の栄養になり、
乳酸菌が乳酸を出すと大腸が酸性になり
腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進して
くれます。

オリゴ糖を多く食品として、バナナ、りんご、
たまねぎ、アスパラガスなどがあります。

乳酸菌や食物繊維と相性がよいので、
併せて摂りたいものです。

水分

便秘の原因の一つに、
便に含まれる水分が少なく硬くなるために、
腸の中で運ぶのが難しくなりがちです。

朝起きてからすぐに水分を補給することで、
大腸が刺激されて腸の蠕動運動が活発に
なりますので、試してみてください。

まとめ

便秘を解消するためには、乳酸菌、食物繊維、
オリゴ糖、水分を多く摂るように
心がけたいものです。

中でもバナナは、オリゴ糖や食物繊維が多く
含まれるのでオススメです。

低カロリーであるのもうれしいですが、
青い状態のバナナはレジスタントスターチという
消化されにくいでんぷんが多いので
便秘解消には更に効果的ですよ。

毎日1~2本食べてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする