1歳のお子さんが夜泣きをする理由とは?

どんなお子さんでも、夜泣きをすると思います。
時々なら親御さんも辛抱出来るでしょうが、
それがずっと続くとなるとさすがに寝不足に
なって参ってしまいます。

中には夜泣きをあまりしなかった赤ちゃんも
いるようですが、大半のお子さんは生後半年
くらいから1歳にかけて夜泣きをするものです。

スポンサーリンク

1歳 夜泣きの理由

そもそも1歳のお子さんが夜泣きをする理由は
どういったことがあるのでしょうか?

お子さんによって夜泣きをする原因は様々ですが、
睡眠リズムの観点から説明出来ることがあります。

生後1ヶ月くらいの新生児の段階では、
体内時計の機能がまだまだ未熟なため、
昼夜の区別が出来ない状態です。

夜中に授乳して空腹が満たされると、
またスヤスヤ眠ってしまいます。

生後5ヶ月もすると、そろそろ睡眠のリズムが
出来始め、夜にまとめて眠ってくれるように
なります。

ところが、早いお子さんだと
生後5ヶ月くらいの時期から
急に夜泣きが始まります。

知能が発達してきたとはいえ、
まだ睡眠サイクルが不十分なため、
お昼に経験したことが夢となって
夜泣きをしてしまうこともあります。

そうなると、ママさんだけでカバーするのは
無理なことがあり、パパさんや大人の協力が
必要になります。

あまりにも夜泣きがヒドイと、
ママさんはご自分の育児や接し方に
問題があるのではないかと
責任を感じてしまうことがあるかもしれません。

お昼に身体を使った外遊びをさせたり、
きちんと離乳食を3食与えたりしても、
すぐに夜泣きが治るとは限りません。

睡眠不足が続くと、ママさんも相当ストレスが
たまりがちになります。

家事を完璧にこなそうとはせず、
合間の時間を見て、ご自身の休憩時間、睡眠時間を
確保したいものです。

まとめ

1歳頃に夜泣きをする原因としては、
お子さんによって様々ですが、
この段階はどこのご家庭でも経験するものです。

ママさんにとってツライ時期かもしれませんが、
ずっと続くわけではありません。

自分を責めたりせず、パパさんに協力を
お願いしたりして、なんとか乗り切って欲しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする