生後2ヶ月 | 夜の寝かしつけに方法や裏ワザはあるの?

出産したその日から、赤ちゃんのお世話でママさんは大変ですよね。
パパさんにも助けてもらうことがあっても、平日は会社に行かなきゃならない
ので、そんなにいつも手助けしてもらうわけにもいかないし・・・

大家族であった昔と違い、赤ちゃんが身近にいない現在では、
どうやって育てていいのか分からないし、相談出来る人が周囲に
いないでしょう。

早い赤ちゃんなら、生後2ヶ月から夜泣きを始めますが、頻繁でなければ
耐えられるでしょうが、毎日続くとさすがにママさんも寝不足となり、
精神的にも参ってしまうことになりかねません。

赤ちゃんを寝かしつける方法や裏ワザを知りたいママさんのために、
下記まとめてみました。

スポンサーリンク

生後2ヶ月 夜の寝かしつけ方法

添い寝をしてあげる

そばに居てくれると、赤ちゃんはそれを理解して安心します。

背中をトントンとしたり、優しく頭をなでたりしながら沿い寝をすると、
赤ちゃんは安心して眠ってくれます。

お母さんの手の匂いも意外と赤ちゃんを落ち着かせる効果があります。

音楽を聴かせてみたり、お話をしてあげる

赤ちゃんは、ママさんが歌ってくるのが嬉しいんですよね。

眠る前に歌ってあげると眠りにつきやすいのですが、
毎日は大変ですよね。そういう場合は、赤ちゃんが気に入っている曲を
枕元でながしてあげると、落ち着きを与えられて眠りに入りやすくなります。

また、お腹に赤ちゃんがいるときから、ママさんの声が届いているそうです。
何でもいいので、ママが穏やかな口調で話をしてあげると、赤ちゃんも
徐々に深い呼吸になって眠りに入ります。

抱っこをしてあげる

これはちょっとシンドイですが、やっぱりママさんが抱っこしながら
寝かしつけるのもよい方法です。

抱っこの心地よい揺れが心拍数を下げて気持ちをリラックスさせ、
動きを大人しくさせる効果につながります。

友人の話ですが、どうしてもグズって夜泣きがヒドイ場合は、
車でドライブする方法もあります。パパさんは大変でしょうが、
意外とこの方法も効果があるんですよ。

うるさい電車の中でも、赤ちゃんがぐっすり寝ているところを
よく見かけるのは、揺れによる効果だと考えられます。

足ツボマッサージ

ちょっと変わった方法に思えるかもしれませんが、実は足のかかとに
失眠」という眠くなるツボがあり、マッサージすると足が温まり、
それで眠りを誘う効果があります。

マッサージする前に、ママさんの手が冷えていないかどうか確かめて
からやってみるといいですよ。

まとめ

生後2ヶ月の赤ちゃんを寝かしつけるコツは、安心させてリラックス
させることです。まず「朝起きて夜には寝る」という理想的な生活リズム
をつけるように工夫したいですね。
その上で、添い寝をしたり、音楽を聴かせてあげたりする対応を
取ってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする