赤ちゃんの舌が白い | 取り方はあるの?

赤ちゃんの舌が白いと、何か悪い病気にかかっているのでは?と
心配されるママさんもいるかと思います。

赤ちゃんの舌が白い場合の原因別に、取り方、病院に行って診断した方が
いいケースをまとめてました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの舌が白い原因を見極める方法

赤ちゃんの舌が白い原因を見極めるのに、濡れた清潔なガーゼで舌の白い部分を
拭いてみましょう。

ガーゼで白い部分を拭き取れたら、母乳やミルクのカスがたまっていたのが
原因です。

それ以外だと、溶連菌感染症鵞口瘡という病気の可能性があります。

赤ちゃんの舌が白い原因

赤ちゃんの舌が白い原因として、次が挙げられます。

母乳やミルクのカス

新生児は1~3時間毎に授乳するため、舌にあるシワの中に
ミルクのカスが付着しやすくなります。

乾いたガーゼでこすると赤ちゃんの舌があれてしまいますので、
湿ったガーゼか綿棒でやさしく取ってあげましょう。

赤ちゃんが成長して授乳する機会が減るに連れて、舌が白くなることが
減ります。

溶連菌感染症

A群β溶血性連鎖球菌」という細菌が原因の病気です。
通常、5~12歳くらいの子供さんにかかりやすく、赤ちゃんで発症するのは
あまり見られません。

発症すると発熱やノドの腫れが見られます。出来るだけ早く医師の診断を
受けるようにします。

鵞口瘡(がこうそう)

カンジダというカビの一種による感染症で、赤ちゃんが口に入れるものが
不潔であった場合に起きますが、ママさんがカンジダ膣炎にかかっていたとき
産道で感染することもあります。

不快な症状が出ることはほとんどありませんが、哺乳量が減ることはあります。
鵞口瘡の症状が見られたら、小児科で診断を受けましょう。

まとめ

赤ちゃんの舌が白くなっていると、初めてのお子さんの場合、ママさんは
ビックリしますよね。

新生児は1~3時間置きに授乳することもあって、舌のシワの中にミルクの
カスがたまりやすいことから舌に白い部分が広がることがあります。
湿ったガーゼや綿棒で優しく取り除いてあげれば大丈夫です。

ただ、溶連菌感染症や鵞口瘡という病気にかかっている可能性がありますので、
普段とちょっと違う様子が見られるようであれば、小児科を受診しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする