鼻毛ワックスは危険なの?嘘なの?

スポンサーリンク

鼻毛ワックス

鼻毛が出てたらみっともないですよね。最近では、鼻毛ワックスを使って抜いてしまう方も多いようです。

鼻毛の役割

そもそも鼻毛は、呼吸する際にホコリや菌などを 除いてくれる役目があります。目に見えないゴミを除き、鼻の粘膜によって雑菌が繁殖しない仕組みになっています。

毛は、皮膚の中の毛乳頭から生えていますが、それを力ずくで引き抜いてしまうと、毛乳頭に雑菌が入り炎症を起こして「毛嚢炎」になることがあります。

毛嚢炎

毛嚢炎とは、患部に雑菌が繁殖し、化膿する病気です。抗生物質を3~4日程度服用すれば回復するのが一般的ですが、化膿がひどいと切開が必要になることもあります。

ブラジリアンワックスは松ヤニを原料とし、固まったところで一気に毛を抜く方法ですが、鼻毛ワックスも同様の仕組みで、使用すると鼻毛がごっそり抜けて跡がキレイになります。

ただ毛嚢炎になる可能性が高いため、どうしても鼻毛ワックスを使用したいならば、鼻の入り口から1センチ程度にしておくべきです。

鼻毛処理で一番いいのは、やはり専用のはさみか鼻毛カッターを使う方が安全ですね。

そういえば、以前放映された『夜の巷を徘徊する』で、マツコ・デラックスさんも東京・有楽町の理容店で鼻毛ワックスを試していましたね。個人的には、あまり使用したくないです。

まとめ

鼻毛ワックスで鼻毛をごっそり抜くのは、毛嚢炎に可能性があるので危険といえます。確かに短時間で処理できるので便利ではありますが、毛嚢炎になる可能性があります。

やはり専用のはさみか鼻毛カッターを使用するのが 安全だと言えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする