ロコイド軟膏の効能 | あせもにも使えるの?

スポンサーリンク

ロコイド軟膏とは?

ロコイド軟膏を利用されている方は多くないと思いますが、ステロイド剤の一種です。

主に小さなお子さんが対象で、虫刺されや湿疹、皮膚の荒れなどの処置のために用いられ、炎症や痒みを抑えてくれる効能があります。

ステロイド剤と聞いて心配される方も中にはおられるでしょうが、4群という皮膚に優しいランクで皮膚の薄いところでも使用出来、効き目が穏やかで副作用の心配が
ほとんどないことから、アトピーの治療薬としても使用されています。

ロコイド軟膏はあせもに使えるの?

さて、ロコイド軟膏があせもにも使えるかどうかですが、結論から言えば「使えます」。他のステロイド入り軟膏でも「あせも」の治療薬として用いられているので大丈夫ですし、小さなお子さんに使っても問題ないと思われます。

あせもの処置に効果的な使用方法としては、次が挙げられます。

お風呂上りに塗ること

お風呂で全身の汗を流し、清潔になってからロコイド軟膏を塗るとよいです。
お風呂から上がってしばらくすると肌がカサカサするので、保湿の意味でもロコイド軟膏は便利です。

大量に塗らないこと

患部に大量にロコイド軟膏を塗っても、すぐに治ることはありません。ステロイドが含まれていますので、大量に塗るのは好ましいものではありません。

尚、間違って目に入ってしまうと白内障になる可能性がありますので注意が必要です。

もし薬との相性が悪ければ、お酒を飲んだ後のように顔が赤くなってしまう「ステロイド皮膚症」の症状が出ることがあります。こういった症状が出たら速やかに使用を中止し、医師の診断を受けるようにしましょう。

まとめ

ロコイド軟膏はステロイドが含まれているものの、安全性が高いために小さなお子さんでも使用されることがあります。

「あせも」にも効能がありますが、適正量を守り使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする