胃が痛い | みぞおちがキリキリするときはどうしたらいいの?

みぞおちが痛むのは、胃腸になんらかの異常があるのが原因の大半だと考えられますが、なかには胆嚢(たんのう)、すい臓、胸部が原因となる場合もありますので、忘れないようにしておきたいものです。

スポンサーリンク

胃が痛い原因

さて、日常生活面で考えられることは次のとおりです。

飲みすぎや食べすぎ

暴飲暴食のほか、辛くて刺激的な食べ物を 摂ることも、みぞおちが痛む原因となります。

また、アルコールを多く摂取することで、胃酸の分泌が促進され、胃や十二指腸の粘膜が傷つき、胃の内部があれることで痛みが
発生します。

ストレス

精神的なストレスで、みぞおちが痛む経験がある方は多いかと思います。

そればかりではなく、クーラーによる室内外との温度差が大きいと、自律神経が狂い、胃酸の過剰分泌によりみぞおち周辺に痛みをもたらすこともあります。

病気

みぞおちの痛みをもたらす病気について、主なものは次のとおりです。

急性胃炎

食べすぎ飲みすぎやストレス、ピロリ菌などによって胃の粘膜がただれてしまい、みぞおちに痛みが生じることがあります。安静にしていれば、2~3日で回復します。

神経性胃炎

仕事や対人関係等によって自律神経のバランスが崩れることで胃炎となり、みぞおちの痛みのほか、のどがつかえる、胸焼けがするなどの症状が見られます。

胃潰瘍

ピロリ菌やストレスなどで胃の粘膜が傷ついたり、胃酸などで胃壁を消化してしまうことによって発生します。みぞおち周辺に重苦しい痛みをもたらします。

十二指腸潰瘍

ピロリ菌やストレス等で、胃酸・消化酵素が十二指腸の粘膜を消化してしまうことが原因で痛みが生じます。

膵炎

アルコールの飲みすぎで膵臓に胆石が出来てしまい、激痛を引き起こします。

心筋梗塞

心臓の筋肉に血液を送り込む冠動脈が狭くなり、血栓が出来て血液が届かなくなるのが心筋梗塞です。突然、みぞおちに激痛が起こります。みぞおちの痛みといってもいろんな原因が考えられますが、痛みが起きた場合、飲み過ぎや食べ過ぎが原因であれば、とりあえず市販の胃腸薬を、ストレスによるもの
であれば、それ専用の胃腸薬を試してみましょう。

ちなみに胃腸薬といっても、胃酸の過剰分泌を抑制、胃酸を中和、胃粘膜の保護、胃粘膜の修復、鎮痛薬と用途が違いますので、出来れば薬剤師さんと相談した上で利用を考えるのが安全です。

それでも痛みが治まらない場合は、すぐに内科、消化器科、胃腸科の診察を、腹痛が強くて発熱があるときには、呼吸器科や循環器科を受診しましょう。

まとめ

胃が痛くて、みぞおちにも痛みがあるようであれば、まずは身体を休めることが大切です。

食べすぎや飲みすぎが原因であれば、とりあえず市販の胃腸薬を服用しても構いませんが、胃酸で胃の粘膜が傷ついている場合もありますので、医師の診断を早めに受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする