胃が痛いときの食事 | ヨーグルトはどうなの?

胃はデリケートなため、ちょっとしたストレスなどで胃痛がおきます。

胃痛が治まらないとき、食事に気を遣わないと、
かえって胃の調子を悪くしてしまいます。

胃が痛いとき、どういった食事がよいかなどの
情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

胃が痛む時に食べてはいけないもの

胃痛の原因として、
胃酸が過剰に分泌していることが挙げられます。

胃酸の分泌を促進するものとして、
下記食品は摂らないようにしましょう。

酸味が強いもの

かんきつ類や酢の物を食べると胃酸の分泌が
促されますので、摂らないようにします。

刺激が強いもの

唐辛子などの香辛料、カフェインを含む飲み物
(コーヒーや濃いお茶)も胃酸を分泌させます。

その他、脂肪が多い食品も避けたいものです。

例えば、ハムやソーセージの加工食品、
脂身が多いバラ肉やひき肉、大トロ、
揚げ物です。

タコやイカ、貝類、ゴボウやタケノコ、
れんこんなどの野菜類、きのこ類も
消化しにくいので避けましょう。

胃痛の原因

胃痛は、下記原因で起きることが多いです。

ストレス

ストレスを感じると自律神経が乱れてしまい、
胃酸が大量に分泌されます。

そのときに胃の粘膜がダメージを受けてしまって
胃痛が起きます。

夏バテ

夏バテすると
食欲がなくなってきたりするものですが、
これも自律神経が乱れているのが要因です。

特に、クーラーが効いた部屋と暑い場所との
出入りを繰り返していくうちに、
気温の変動に身体がついていかなくなり、
胃の血管収縮が低下することで
胃痛がおきやすくなります。

胃に負担がかからない食事

胃に負担をかけない食材として、
卵・牛乳・大豆製品がオススメです。

卵は熱を加えすぎると、
胃に留まる時間が長くなるため、
胃が痛いときは半熟状態の方がよいです。

牛乳やヨーグルトは、胃液の酸性度を抑え、
胃壁を保護してくれるのが理由ですが、
出来たら冷たいものよりは温めたものの方が
胃に優しいです。

大豆製品は良質なタンパク質で構成され、
不足すると胃の回復力が弱まりますので、
納豆や味噌汁を積極的に摂取したいものです。

もちろん固いままだと胃にはよくないため、
柔らかく煮込んだり、粉末にしたものを
使用しましょう。

ちなみに、梅干に含まれる抗酸化物質
(シガレシノール)は、ピロリ菌を
抑制する働きがあります。

ピロリ菌が原因の胃痛のときは、
梅干を摂りましょう。

まとめ

胃が痛いときの食事として、
卵、牛乳、ヨーグルト、大豆製品が胃に優しいので
オススメです。

逆に、酸味が強いもの、刺激が強いものは
胃酸の分泌を促進しますので、
摂らないようにしたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする