便秘解消を即効で | 妊娠中ならどうしたらいいの?

妊娠中は便秘気味になりやすいので、
ふだんから食べ物に気を遣っているのに
便秘になってしまうことはありませんか?

妊娠中に薬を極力飲まないようにしているので、
即効で便秘を解消したい方のために対応方法を
まとめてみました。

スポンサーリンク

妊娠中に便秘になりやすい原因

妊娠していると便秘になりやすいのですが、
その原因として次の要因が挙げられます。

妊娠初期段階

妊娠することで多く分泌される黄体ホルモン
便秘に影響を与えます。

羊水を確保するため、この黄体ホルモンによって
大腸での水分吸収量が増えるために、
便の水分量が減って便が出にくくなります。

妊娠中期段階

子宮が大きくなることで腸を圧迫してくる結果、
便が通りにくく詰まりやすくなります。

また、この段階ではつわりが始まり、
食生活が普段と違うようになるのも
便秘の要因の一つになります。

妊娠後期段階

お腹が大きくなって、身体を動かすのも
一苦労の段階です。

動きがにぶくなった腸内では
便がたまりやすくなるばかりか、
長時間腸の中にとどまるため、
水分が吸収されて便が硬くなってしまいます。

妊娠中の便秘を即効で解消する方法

妊娠中は薬を飲むことを控えなければならないため、
食べ物で便秘を解消するしかありません。

便秘解消に役立つ食べ物は次のとおりです。

オリゴ糖

オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサになってくれ、
腸内環境を整えてくれます。

食物繊維

食物繊維には、水に溶けるかどうかで、
水溶性不溶性の2種類があります。

便をやわらかくしてくれるのは水溶性の食物繊維で、
バナナ、キウイ、オクラ、山芋、ごぼう、納豆、
こんにゃく、海藻類等に含まれています。

不溶性の食物繊維は、自ら水分を吸収するために
“かさ”が増えて腸の働きを活発にしてくれますが、
摂りすぎると便に必要な水分を吸収してしまうため
便秘につながることがあります。

不溶性は、玄米、そば、エリンギ、えのき、インゲン豆、
おから、ゆで小豆などに含まれる食物繊維で、摂りすぎに
注意したいものです。

乳酸菌

ヨーグルトやチーズなどの発酵乳製品に多く含まれ、
腸内の善玉菌を増やし、また腸の働きを活発にもして
くれます。

毎日吸収しなければ効果が薄れますので、
毎日摂るようにしましょう。

便秘解消に効果的な飲み物

水・白湯

便が硬くなるのは水分が足りていないからです。
水分を多く摂るようにしたいものです。

冷水だと胃腸を刺激して便秘解消になることも
あるのですが、身体を冷やすことにもなりかね
ませんので、飲み過ぎないように。

また、白湯は胃腸を温めることで血行がよくなり、
便通改善に役立ちます。

牛乳

適度な脂肪分を含む牛乳は、便をまとめて
排出しやすくしてくれます。

りんごジュース

水溶性食物繊維を多く含むため、
便が柔らかくなります。

ルイボスティー

ルイボスティーはミネラルを含み、
利尿作用もあるので便秘解消だけでなく
むくみも解消してくれます。

ノンカフェインですので、
妊婦さんにやさしい飲み物です。

マッサージやエクササイズ

おへそのあたりを「の」の字を
書くようにすると、腸に直接刺激が与えられ、
腸の動きが活発になります。

ただお腹が大きくなると難しくなりますので、
骨盤の上を優しくなでるようにします。

日常生活では、大股で歩いてみたり、
腰の回すなどのエクササイズも
便通改善につながりますよ。

まとめ

妊娠中は便秘になりやすいものの、薬を飲むことを控え
なければなりませんので、便通を改善するには食べ物を
中心に変えてみるとよいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする